無限の可能性

3D

最近どの業界からも注目を浴びている3Dプリンターですが、最近ではついに食べ物を印刷することができるものが登場しています。
これは3Dプリンターメーカーの3DSystemsが食べ物を印刷することができるChefJetとChefjet Proを公開しています。
水や砂糖、フレーバー、着色料を投入することで、形状や色や風味までキャンディや砂糖菓子を作ることができます。
これによって今までは作ることができなかった複雑な模様やカタチも作れるようになってまるで、置物のようなものを作ることができます。

大きさは洗濯機6個分ほどありますが、カラーで出力することができ、綺麗なグラデーションにしたり、手作業では作れないような凄いレベルのものも作ることができます。
これらのプリンターは2014年の後半に販売される予定となっています。

3Dのスキャナーでは立体を直接そのままのデータとして取り込むことができますが、それを生み出すにはプリンターが絶対に必要不可欠になります。
3Dプリンターは3Dスキャナーで取り込んだデータやパソコン上で創りだしたデータをそのまま立体的に作り出すことができるプリンターになっています。
この3Dプリンターが存在していることで、3Dスキャナーで取り込んだ自分をフィギャアとして作成することができるようになっています。
それ以外でもさまざまな使い方ができ、企業の試作品を作るために利用されたり、建築事務所ではこの3Dプリンターを利用して建築物をあらじめ立体的に作って建物がどのようになっているか、直接お客様に提示することができるようになっています。
建築物を建てるということは建てる側にとっても完成がどのような感じになっているのか想像しづらいことなので、こうした3Dプリンターは非常に役に立っています。
3Dプリンターは現在でも企業向けの非常に高価で高性能のものから、個人でもさまざまな立体的なものをカンタンに作ることができるものなど、安価でちょっと性能が低いようなものまで、さまざまな種類が存在しているので、気になった方はインターネット上に情報はいくらでもあるので探してみるとよいです。

近未来のもの

3D車

3Dプリンターで印刷することができるものは一般的な予想のさらに上を行くものが多くあります。
スコットランドの大学の研究者達は3Dプリンターを使って人間のES細胞を積み上げてカタマリを作ることに成功しています。
この技術を使用すれば人工の臓器をつくることに応用することが可能になるかもしれません。
この大学の研究者たちは実験室で人間のES細胞を3Dプリンターで印刷して立体的に積み重ねていくことが成功しており、その後もES細胞は活動し続けて、常食して分化した細胞を形成することに成功しています。
学術雑誌では発表された研究者の著者のよれば、この技術を使用することによって生体組織に似た組織をバイオエンジニアリングで作ることができるようになって将来は特定の患者さんに合わせて臓器を3Dプリンターで作ることができるようになるかもしれないと考えています。

スコットランドの研究者たちによって開発された技術を直ぐに活かすことができるようにするには細胞のサンプルの製造がベストで、人間に対する薬の毒性の検査に使うことができるようになれば、動物を使った実験をしなくてもよいということです。
大学の研究所では研究者たちが実験室で血管網を複製しようと試みています、また、いつの日にか3Dプリンターで印刷した臓器に血管を巡らせて使用することができる可能性が大いにあります。

また、街で拾った吸い殻やガムなどからはDNAを採取して3Dプリンターを使用してその顔を復元することができます。